事業紹介

衣料・繊維事業

画像

衣料関連の原材料の一つであるポリエステルフィラメントの生産からテキスタイル、そして縫製品に至るまで衣料関連に関する事業を一貫して展開。ファッション衣料をはじめ、スポーツウエア、インナーウエア、ユニフォームまでの広範なフィールドを手掛けています。今後も市場のニーズに応えるべく、幅広い加工ノウハウと国内外のネットワークを駆使し、高い感性や機能性を盛り込んだ商品をタイムリーに提供。衣料関連事業のトータル的な展開を行っていきたいと考えております。

製品一覧はこちら

代表的な用途

スポーツウェア

専業アパレルメーカーに対し、素材から縫製品まで様々なフェーズで製品を提供しており、マーケットは世界に広がっています。今後は特に中国を中心とするアジア市場への展開を進めていきます。また、学校の体操服などにもクラレトレーディングの原糸やテキスタイルが活用されています。体操服は、運動着として通年で着用されるため、毛羽立ち防止や磨耗に強いという特徴が求められます。そうした厳しい基準をクリアできる技術力が当社製品の特徴です。

ユニフォーム

国内の企業ユニフォームやサービスユニフォーム向けにテキスタイルや縫製品を提供しています。
近年は、サービス向けやワーキング向けの市場が国内でも活性化しています。企業ユニフォームは日々使用されるため、耐摩耗性や着心地、汗を通しやすいなどの機能が求められます。当社はクラレが独自開発したポリエステル長繊維<クラベラ>、肌への優しさを有するエチレン-ビニルアルコール繊維<ソフィスタ>などの高機能繊維を用いて、ユニフォームメーカーへ生地から縫製品までご要望に応じた形で高品質な製品をご提供しています。

テキスタイル

ブラックフォーマルや婦人ウェア向けに、高付加価値な製品を展開しています。当社製品の高発色・高質感ヌバック調ファブリック<エルモザ>は、これまでのヌバック素材とも違う特長を持つ素材であり、国内では勿論、欧州を中心とした海外でも好評を頂いております。<エクセバール>とポリエステルとの海島型複合繊維<マイクロミントUS>を用いた高付加価値製品など、更なる商品開発・用途開拓を進めています。

原糸

クラレのポリエステル長繊維<クラベラ>は1969年に生産を開始し、70年代は日本の合成繊維市場の成長に伴い発展を遂げましたが、80年代には来るべきグローバル競争に備え、業界の先鞭をきって独自素材路線を歩み始めました。従来の合繊にはない肌への優しさを有するエチレン-ビニルアルコール繊維<ソフィスタ>に始まり、近年では水溶性長繊維<ミントバール>など、独自性ある製品の拡販を進めています。<ミントバール>の水溶性という特徴は、無撚糸タオルやストレッチ性のある生地、細番手ウール生地の製造工程に欠かせないものとなり、国内を初めとし、アジアを中心とする海外にも展開を進めています。

トピックス

原糸から縫製までのトータルオペレーション

繊維素材メーカーの関連会社としての強みを活かしつつ、独自の加工ノウハウを加えて新しい製品を展開。衣料関連製品のトータル的なオペレーションを提供します。また、他社と協力して自らが販売した製品のリサイクルも強化。このリサイクルシステムの拡充を図るとともに、“独自技術によるエコフレンドリー企業”を目指し、より一層環境に役立つ事業を展開していきます。

環境にやさしい素材開発とリサイクルフローの確立

クラレトレーディングはクラレと共同で、従来と比べ25℃低い温度(105℃)で分散染料で染色可能なポリエステル長繊維 <ピュアス> を開発しました。 <ピュアス> は、染色工程におけるCO2発生量を約20%削減し、アルカリ減量加工も可能。なおかつ従来品と同等の染色堅牢度と繊維強度を有する画期的なポリエステル長繊維です。2012年春夏シーズンよりスポーツ分野やブラックフォーマル分野を始め一般衣料、資材用途を対象として本格的に販売展開を開始しております。

このページの先頭へ戻る